ライフデザイン

  1. ホーム »
  2. ライフデザイン »
  3. 美容

美容

さよなら、大人ニキビ!

ニキビは女性一般の悩み。特に生理の前になると出てくる〝大人のニキビ〟はかなりユーウツ。この“大人ニキビ”、OCを飲むことで改善されることがあります。

ユウコはニキビで悩む25歳の会社員。友達のミサとショッピングに行ったときのこと。

ミサ ユウコ、最近お疲れ? 肌荒れてるよー。特にアゴのあたり。
ユウコ 見ないで~。生理前になるとニキビがひどくなるんだよね…
ミサ 化粧品があってないとか?
ユウコ 最初はそう思っていろいろ試したんだけどダメだった。前は病院に行って抗生物質もらってたんだ。飲んでる間はおさまるんだけどね。
ミサ ピルは試してみたことある?
ユウコ えっ!? ピルってあのピルでしょ?
ミサ そうよ。今度、旅行に行くでしょ。生理コントロールするついでに試してみたら?
ユウコ 大人ニキビにピルが効くってどういう仕組みなのかなあ?

ドクター

解説

元々多くの国でニキビの治療にはピルが使用されてきました。特に生理の前のニキビには効果的です。多毛症にも効果がありますよ。

ニキビについて

ニキビの原因はいろいろあります。アクネ菌の繁殖なのですが、ストレスや食生活、便秘なども原因の一つです。生理の前にマスクエリアにでるニキビは女性ホルモンのバランスがおかしくなっているとよく言われます。大人のニキビにもいろいろなタイプがありますが、そのほとんどに低用量ピルは効果があるのです(※全ての人に効果があるとは限りません)。

生理前にニキビができやすい理由

ホルモンに関するニキビの原因は男性ホルモン。これが皮脂の分泌を活発にして、アクネ菌の繁殖を助けるようです。
生理の前に2週間、高温期または黄体期と言います。排卵後の卵巣が黄体という機能を持ち、その黄体から出るホルモンが黄体ホルモンです。黄体ホルモンは体温を上げる働きがあるため、基礎体温を測ると高温期となってその時期がわかります。
この黄体ホルモンは男性ホルモンと似ています。肌の細胞が男性ホルモンと勘違い→皮脂の分泌が活発→アクネ菌繁殖→ニキビ…というコースです。生理の前に少し肌荒れする方もこの可能性が高いですね。

その他のニキビの要因としてPCOsという排卵障害が考えられます。
多囊胞性卵巣症候群と言います。この排卵障害が原因で男性ホルモンが過剰に分泌され、ニキビの原因になることがあります。

低用量ピル(OC)がニキビに効く訳は?

女性の場合、男性ホルモンを生産している部位は、肝臓、副腎、卵巣です。肝臓や副腎はその働きをコントロールすることは非常に困難ですが、卵巣は可能です。
低用量ピルの服用で排卵を抑制する(卵胞の発育を抑制する)ことで、男性ホルモンの産生量が低下します。

また低用量ピルの女性ホルモン(エストロゲン)が肝臓で働き、男性ホルモンの結合するタンパク質を分泌するようになります。そのタンパクは男性ホルモンに結合して男性ホルモンの活性を低下させます。
男性ホルモンの量と活性の低下がニキビの治療効果のポイントです。

低用量ピルの種類によって効果に差があります
低用量ピルはエストロゲン(卵胞ホルモン)とゲスターゲン(黄体ホルモン)で出来ています。このゲスターゲンの性質がニキビ効果に影響します。
日本で発売されているピルの中で第三世代の低用量ピル(マーベロン)はこのゲスターゲンに男性ホルモン作用のほとんどないLNGというホルモンを採用しています。そのため、ニキビの効果は最も期待できます。
海外ではDIANという抗男性ホルモンの作用のあるゲスターゲンを採用しているピルがあり、アクネ・ピル(ニキビピル)として広く使用されています。
効果が出るまでの期間

直接お肌に作用するのではないため、1ヶ月はほとんど効果がありません。(種類によってはニキビが一時的に悪化することもあります)。その人の体質によりけりですが、3ヶ月ほど服用して効果が出現する方が多いように思われます。

ミサ ひどいニキビや肌荒れなら、ピルを活用して時間をかけてじっくり治すって手もアリね。
ユウコ ピルには他にもいろいろな効果があるから、賢く利用しちゃおう!

PAGE TOP