ピルQ&A

  1. ホーム »
  2. ピルQ&A »
  3. よくある質問集

ピルってどうやって入手するの? 副作用は? よくある質問をまとめました!

01_入手方法

ピルはどこで入手できますか

医者の処方箋が必要です。まずはお近くの婦人科のある病院に行き診察を受けましょう。ピル専門外来を設置している医院では内診なし・血圧測定・血液検査で処方してもらえる場合があります。

02_服用について

副作用はありますか?

ホルモン剤なので人によって飲み始めの頃は頭痛・吐き気・むくみ、乳房の張りなどの副作用があることも。ピルを継続して服用するうちに体が慣れておさまっていきます。

ただし、稀に血管の中で血液が固まってしまって、血液が流れなく"血栓症"になる方もいらっしゃいます。リスクでいうと喫煙者が血栓症になるリスクは5倍、OCの服用者は2倍といわれています。多くの病院では定期的な血液検査・血圧測定と面談を行ってリスク回避につとめています。

低用量ピルの服用でガンになりやすい?

ガン=悪性腫瘍と言っても種類は様々です。同じ場所に出来たガンでもそのタイプもいろいろあり、治療しやすいもの、しにくいものなどたくさんの種類があります。

低用量ピルは女性ホルモンの製剤ですので、女性ホルモンの関係する悪性腫瘍(ガン)以外は基本的には影響がありません。

乳ガンの原因になるという話もありましたが、現在ではピルの服用と乳ガンの発生は関係がないと実証されています。むしろ、子宮体ガン・卵巣ガン・大腸ガンの予防に効果があることが近時学会で報告されています。

生理が順調なんですが、ピルを飲むとどうなりますか

ピルを服用すると生理が順調な人もそうでない人も生理期間をコントロールすることができます。生理不順を調整したい方も、避妊目的でご利用になる方もいます。

今40歳なんですが、ピルを飲んでもいいのでしょうか?

ピルの服用に年齢制限はありません。逆に、飲むのをやめる時期については処方された病院、医師に相談してください。

03_効果について

避妊効果の仕組みを教えてください

低用量ピルには2種の女性ホルモンが含まれています。服用すると次の効果があります。

1. 排卵を抑制する
脳下垂体がピルに含まれるホルモンを感知し卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌を抑えて排卵が抑制される。
2. 子宮内膜を変化
子宮内膜を変化させて万が一排卵が生じても受精卵を着床しにくくする。
3. 子宮頸管の粘液を変化
子宮頸管の粘液を変化させて、子宮に精子が入りにくくする。

飲み続けると妊娠しにくくなるということはないですか?

ピルを飲むことで妊娠しにくくなるということはありません。ただし年齢によって体やホルモンバランスが変化し、妊娠のしやすさ(妊容性といいます)が変化してくるので、妊娠を希望する場合はピルの服用をやめる時期など処方された病院、医師に相談してください。

04_トラブル

不正出血があります

ピルを飲み始めて最初の1ヶ月目、2ヶ月目は不定期に出血することがあります。暫く様子をみてください。ただし出血量が多かったり3ヶ月以上続く場合は、処方された医院、医師に相談してください。

ピルを飲み忘れてしまいました!どうしよう!

下記に一般的な飲み忘れのの対処方法をしてしておきますが、飲み忘れに対しての対応は施設によって若干の相違が見られます。処方されている施設にお問い合せください。また、妊娠の可能性があって不安ならば処方された病院、医師に相談することをおすすめします。

飲み忘れてしまったら

初めて飲んだのですが、頭痛と吐き気がひどいです...

ガマンできる程度なら数日(一週間程度)様子を見てください。体が慣れておさまります。耐えられないほど酷いと感じる場合は、すぐに処方を受けた病院で相談してください。

初めて飲んだら、顔がパンパンに腫れて丸くなった!薬で太ったってこと?

ピルを飲んで太るということはなく、むくみです。しばらく様子をみてください。ただしあまりにも酷いむくみの場合は、処方を受けた医院、医師に相談してください。

PAGE TOP